AGAという言葉をよく耳にする機会が増えてきましたが、AGAとはどんなものなのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。ここでは、AGAについてや、どうしてAGAになってしまうのか、AGAを治療するためにはどんな方法があるのか紹介します。

AGAとは

AGAを発症しているのに放置しているとどうなるのか気になりますよね。AGAの原因は様々ですし、普通に生活していればいずれAGAが治っているかもしれないと思うかもしれません。しかし、AGAは進行性なので、放置していると大変なことになります。今回は、AGAについてや、放置するとどうなってしまうのかについて説明しましょう。

AGAってどんな人が発症しやすいの?

AGAの症状の進行には、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量が大きく関わっていることが指摘されています。そのため、男性ホルモンの分泌量が多い男性は、薄毛や抜け毛などのトラブ…

AGAのことをわかりやすく知りたい!AGAについて簡単に説明します

AGAとは男性型脱毛症のことです。主に成人男性が発症する脱毛症の一種で、AGAを発症すると髪の毛が細くなって抜け毛が増え、頭頂部や生え際から徐々に薄毛になっていきます。残念ながら一度発症す…

AGAってどういう病気?

AGAは男性型脱毛症を意味する「Androgenetic Alopecia」の略で、テストステロンという男性ホルモンの一種が5α-リダクターゼという酵素と結合し、生成されるジヒドロテストステロンの作用で毛母細胞の活性が低くなることで起きます。

AGAには寿命があった!?早く治療しないと大変なことになる!

早い段階での治療による育毛サイクルの回復

抜け毛が増えて髪が薄くなるAGAは早い段階での治療が効果的とされています。その大きな理由の一つが育毛サイクルへの影響です。人間の髪の毛は数ヶ月間の成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを経て繰り返し成長が行われます。しかし、AGAになってしまうとこの周期が短くなってしまい、新たな髪の毛が生えそろう前に抜けてしまうのです。 髪の毛は根元にある毛母細胞と言われる細胞が分裂を繰り返すことで太く丈夫な髪の毛を作る仕組みとなっていますが、この毛母細胞には寿命があります。寿命の長さは人によって若干の個人差があるとはいえ、平均50回ほどのサイクルで寿命が尽きてしまってその後は自身の力で髪の毛を成長させることができなくなってしまうので注意が必要です。周期が短くなるほど毛母細胞の寿命が尽きるのが早まってしまうことから、早期発見が重要となります。

治療における副作用のリスクを減らすことができる

日本では病院でAGAと診断された時の治療法は、投薬によって行われるのが一般的です。。症状が初期段階の時に処方される治療薬は事前に臨床実験が行われている国から有効性が認められている物が使われます。これは数あるAGAの治療方法の中でも特に有効性や安全性が高い信頼できる物です。 しかし、症状が進行してしまうとこの治療薬だけでは改善が期待できなくなってしまい、別の治療薬を使用することになります。AGAで使われる薬の全てが臨床実験が行われているわけではなく、中には育毛の実績はあっても臨床実験はしていないといった薬もあるのが実情です。もちろん、安全性に配慮はされているとはいえ、薬である以上副作用のリスクを0にすることは難しいのは否めません。そのため、できる限り早い段階で治療を始めて、安全性の高い治療薬だけで改善を促すことが大切になります。

AGAを治療する方法とは

AGAは様々な要因で発症しますし、効果的な治療法というのも人によって変わってくるでしょう。AGAクリニックに通ったり、育毛剤を使用したり、中には植毛する人もいます。AGAを治したいと思った場合、一体どうすればいいのでしょうか、あなたに合ったAGAを治療する方法を紹介します。