AGAってどんな人が発症しやすいの?

男性ホルモンの量が多い人は要注意

AGAの症状の進行には、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量が大きく関わっていることが指摘されています。そのため、男性ホルモンの分泌量が多い男性は、薄毛や抜け毛などのトラブルを最小限に防ぐうえで、長期的な対策を立てる必要があります。例えば、男性専用の美容クリニックでは、男性ホルモンの分泌量を確認するために、様々な検査を導入しているところが多くあります。そのため、自分に合う治療法を見つけるために、治療実績のあるクリニックに通って必要な検査を受けると良いでしょう。また、男性ホルモンの分泌量を薬で抑制したい場合には、AGAの患者に対する内服治療に力を入れているクリニックを通院先に選びましょう。

ストレスや不規則な生活習慣が影響することも

AGAが発症する原因には様々なものがありますが、特に慢性的なストレスや乱れた生活習慣は少なからず症状の悪化に繋がるため、定期的に日々の生活をしっかりと見直すことが重要です。例えば、運動不足気味の人や、栄養素が不足しがちな生活を送っている人であれば、髪の毛や頭皮の状態を良くするため、管理栄養士やスポーツトレーナーなどにアドバイスをもらったり、サプリやドリンクを利用したりと色々な方法を試してみましょう。また、すぐに専門のクリニックでAGA治療を始めることが難しい場合には、頭皮の血行改善や保湿のために、市販の育毛剤や育毛シャンプーなどを使うのはもちろん、空き時間や就寝前に頭皮のマッサージをすることもおすすめです。