AGAの治療っていつまで続ければいいの?

症状によっては治療期間が一年以上になることもある

AGAの治療は、短期間で効果を得ることが難しいため、信頼できる美容皮膚科の医師のもとでしっかりと対策を立てる必要があります。特に、頭頂部や生え際などの薄毛や、頭皮の炎症やフケなどの症状が目立つ場合には、一年以上にわたり治療を続けなければならないケースも少なくありません。そのため、おおよその治療期間について把握をするため、治療実績の豊富な美容皮膚科のクリニックでカウンセリングをお願いして、名医に具体的な治療の流れを教えてもらうことが大切です。また、治療が長引く場合には、経済的な負担が重くなったり、通院のスケジュールの調整がしにくくなったりすることもあるため、なるべく安心して通えるクリニックにお世話になりましょう。

治療法により通院期間に差が出ることもある

AGAの通院期間は、それぞれの患者の症状だけでなく、選択する治療法の種類によっても異なります。例えば、各地の美容皮膚科のクリニックで定番となっている内服薬や外用薬による治療法は、個人差があるものの、一定の発毛効果を得られるまでに半年から一年ほどの期間が必要となります。一方、メソセラピーなど比較的新しい治療法は、費用が高くなる傾向がありますが、人によって半年以内で納得のいく効果を実感できることもあります。そこで、自分の予算や生活スタイルに合う治療法を試したい場合には、多種多様な治療法が採用されているクリニックを選びましょう。その他、実際にクリニックでAGAの治療を行った患者の体験談を参考にしてみるのも良いでしょう。